2016-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム配信とかコンピ参加とか

こんばんちわ。
久しぶりな気がする更新です。


まず、インストアルバム「Dreaming room」がiTunesから配信開始しました。
配信ページ→https://itunes.apple.com/jp/album/dreaming-room/id609397332
今回も超水道さんにおんぶにだっこでございます。ありがたや。
CDの通販もやってますが、お手軽なので配信の方も宜しくどうぞ。

作ってからしばらく経ちましたが、まだまだ自分は未熟だなと思いながらも、
同時に良いもの作ったなとも思える、そんなアルバムです。
常日頃インストを聴いてばかりいる自分ですが、他に見劣りせずにちゃんと聴ける。
おお、これって結構すごいんじゃないか。
すげーすげー。そう思うことにしよう。
きっとお楽しみ頂けると思います。
こういうのを自信作と言うのだろう。

このアルバムの曲を使用しているノベル「ボツネタ通りのキミとボク」は、
現在ノベルスフィアで順次公開されていっています。誰でも遊べるのでこちらも是非に!
ノベルスフィア→http://novelsphere.jp/ns00000013



それともう一つ、コンピ参加のお知らせ。
3月24日のボパラ、それから4月28日の超ボマスで頒布される「瀬戸内コンピ」に参加しました。



サイトが公開されてます。すごい。イラストめっちゃ可愛い。すごい。
自分の曲はIAさんでの書き下ろし新曲です。
これまでのコンピ参加曲と同じで、多分ニコニコに投稿はしないと思います。
なのでぜひぜひCDをお買い求めくださいませませ。

曲について少し触れとくと、ボーカルは前述の通りIAです。久しぶり。
IAの曲はまだ通算でたった3曲しか作ってないんですね。ほあー。
もっと作ってる気でいました。
自分のボカロエディタのデフォルトのライブラリがIAなので、
いつも作った曲を持ってきて最初に歌ってくれるのがIAになるんですよね。
そういうわけで自分にとっては馴染みの深い子なのでした。
IAの歌声は他の子よりも上手く扱えるようになったという自負もあったりします。
リラの詩の時点でもうほぼ完成系ですね。
今回もあれに似た曲で、しっとり歌うピアノバラードになってます。
タイトルは「橙色の町」。
一応山口県担当で参加してるので、地元にかけたタイトルなんです。
山口県って、道路のガードレールとか橙色なんですよ。
夏みかん押しらしい。
そんな新曲をお楽しみに。

もうすぐクロスフェード動画も投稿されると思いますので、
そちらを楽しみに待っていただければと思います。



そいではまた!
スポンサーサイト

1stインストアルバム委託頒布&劇伴やらせて頂いたお知らせ。

記事書くのがめちゃくちゃ遅くなってウワーーーー
前のUTAUの曲のことも書いてなくてウワーーーーーー

はい、C83、3日目 西地区“れ”ブロック-23aの、いつもお世話になっている超水道さまのスペースにて、1stインストアルバムを委託頒布させて頂きます。
ニコニコ動画にこれまでに投稿しているものの中から5曲、クロスフェードに先だって先日投稿した「ボツネタ通りはどこまでも長く」を含む書き下ろし新曲12曲の全17曲です。
頒布価格は1000円を予定しています。

ジャケットの素晴らしいイラストはこれまでにも何度もお世話になっている、めぐむぐもぐさん!
念願叶って、初めてイラストを描きおろして頂きました!
何から何まで製作に携わって頂いたのは、今回収録曲を提供させて頂いたサークル超水道の皆様!
もはや間違いなくこれは超水道製CDです。そう言うよりほかにない。
本当にありがとうございます。



「Dreaming room」

1.solitude
2.夜のロンド
3.My first step
4.思考の海を漂う
5.It's your own fault
6.ボツネタ通りはどこまでも長く
7.赤橙、蒼へ
8.lament and delight
9.虚構
10.cosmic dream
11.冬の駆足
12.nightmare
13.still forgive you
14.想い出はいつもここに
15.release
16.夜明けのロンド
17.夢から覚めて

インストアルバムなので、ボカロは一切なし。
ほとんどピアノアルバムみたいな内容です。
ニコニコ動画にこれまでに投稿していた曲については、全曲音作りや細部に手を入れたアルバムバージョンになっています。

また、同日に超水道さまで頒布される新作ノベル「ボツネタ通りのキミとボク」の音楽をすべて担当させて頂いているのですが、そちらも全曲このアルバムに収録されています。
ボツネタ通りのキミとボクの劇伴曲がどれか、何曲か、ということについては、公開してあるメインテーマ以外はまだ明かさないことにします。
是非ノベルを手に取って、どれが流れるか確かめてみてください。
ボツネタ通りのキミとボク、とってもオススメです!
HPのメインイラストを見て心が震える。

明後日の冬コミでの頒布になりますが、後日通販も予定していますので、詳細が決まり次第またお知らせします。
ボツネタ通りをやってみて音楽が気に入った!という方も、後からサントラ的にお求め頂けるのでぜひぜひ。


それと。
新規曲は比較的短めの、ループするシンプルな構成の曲が多くなっています。
というのも、あまり構えて聴くのではなく、気楽に力を使わずに聴いてもらえれば、と思ったので。

音楽を聴くという行為も、それなりにエネルギーを使うことがあると思います。
疲れ果てているとき、なんかアタシ病んでるとかそういうとき、考えずにそっと傍に居られるような、そんなアルバムになっていたらいいなあ。
個人的に、深夜や早朝に一人で六畳ワンルームで眠れずに「あーこれ明日寝坊だサボリなるわ」とか若干罪悪感を感じながら悶々と何か考え事をするような日々が長くあったので、そんなイメージで作りました。
同じく一人部屋で思い悩む誰か、電車の中で一人を感じる誰か、そんな人に届けばいいなと思います。
そうでない人にも、なんか、届くといいなと思います。
そんな日々が、いつかきっと良くも悪くも大切になるんだと。

最後に。
初めてのアルバム、快く製作を申し出てくださり、直前まで多大な苦労をおかけした超水道の皆様。
無茶を言っても必死に僕の言葉に耳を傾けてくださり、何度も相談に応じてくれためぐむぐもぐさん。
その他にも、たくさんの応援してくださる方々、聴いてくださる方々のおかげでようやく完成させることができました。
皆様に、心から感謝致します。

まだまだ言いたいことがたくさんあるのだけれど、既に余計なことを書きすぎている気がするのでこのあたりでやめておきます。
大切に作ったアルバム、皆様にどうか少しでも楽しんで頂けますように。

「ひとりぼっちのオルゴール」について

前作「エア」から1月経たずに出せました、年内はこれが最後になるのかな。



空斗さんのイラスト「そう遠くない未来で」に曲をつける、という形での制作でした。
うん、いい曲になった。

今回は珍しく、歌詞にある程度具体的なストーリーや設定を用意しています。
それをすべて僕自身が説明してしまうのはあまりにも野暮だろう、とは思うのですが。
制作上の縛りで、意図したものがどれだけ伝わったのか疑問にも思います。
せっかくのアレコレも、かけらも伝わらないのであればそれはさみしい。
なので、あくまで僕個人の解釈、ということで解説を書いてみます。
聴いたうえでの解釈は聴いた人の数だけあって良いと思いますし、僕も自分の解釈を唯一の正解等というつもりは全くありません。
ただ、僕はこんなこと考えながら作ってみたよ、っていう話。
読めばあなたの中の物語と相容れない部分があるかもしれません。
それを面白いと思う方もいれば、面白く思わない方もいるでしょう。
これらを踏まえた上で、構わない、それでも興味があるって方だけ読んでみてください。
解説は歌詞の下に載せます。


「ひとりぼっちのオルゴール」

遠い遠い歌を奏でる
古いヒトの機械
歌を忘れていた人たちに
愛を届けに来た

ある日は優しい子守唄で
みんな手の武器を放した
憎み合ってばかりの彼らが見た
初めての大あくび

またあるときはへたくそな歌
おかしな曲にいびつな音
それでも機械はたからかに歌う
亡き主の歌

遠い遠い未来のヒト
僕の声は届かないけれど
この小さな機械(女の子)が歌を届けに行くよ


ある日は愛しい人を想う歌
はにかんで歌う
主が愛しい人にあてた歌
機械は主に歌う

その姿見て人々は知る
人を愛する温かさと
機械にも心があったこと
機械でも泣くことを

遠い遠い未来のヒト
僕はそこで生きてないけれど
この寂しがりな機械を一人にしないでくれ


そう もう
君はいなくて声が軋む
機械は叫んだ
「一人にしないで」


遠く遠く響く歌は
世界中を駆け巡り泣いた
今は亡き人が残してくれてた
最後の歌

遠い遠い未来のこと
泣き虫うたうたいの機械と
手を繋ぎみんなで笑うヒトたちがいる
きっと





解説?解釈?は続きから。



Read More »

新曲「エア」の歌詞とか

新曲投稿しました。
昨年11月以来のルカさん!



民族調っぽい曲に架空言語の歌詞の組み合わせ!
ちょっとした夢をかなえた気分です。
曲に関してはとにかく精魂こめて作ったのでぜひお楽しみください。

タイトルは、空気とか大気とかそんな意味のairと、歌の意味のair、両方から。
ボーカルだけでなく"すべての楽器を歌うように"書いたつもりです。
それぞれの"歌"からそれぞれの何かを感じてもらえれば幸い。

歌詞は完全に造語です。
アルファベット使ってますし発音も英語に近い感じにはなってるかも。
文法を意識して、音を重視してはいますがそれなりに意味を持たせた単語を並べて。
これを全部対訳用意しろ、とか言われても僕の中にあるのもイメージにすぎないので、きっと納得できるようなものは用意できないです、そこはあしからず。
実際に作るまでは架空言語とかデタラメ並べるだけだし簡単だろう、とか思っててホントすいませんでした。
そんな甘くなかったよね。
バラバラの単語を文として認識するにはそれなりの規則性なんかが必要だと気づき、基本的な文法を考えるところから始めることに。
ここら辺でアルトネリコのヒュムノスを大いに参考にさせて頂きました。
想音の概念は偉大です。音楽的に。
ヒュムノス以外にもたくさんのものを参考にさせて頂きました、先駆者たちに感謝を。
すんごい手間をかけて無事完成しましたが、楽しんでいただけるといいな。


最後に歌詞貼っておきます。
動画と改行が少し違ったりします。



too wei sray deseltia mai
en mjyu yu lighe tun zee mider ti
raki do thee ohless timpuss da ha
we san drak due
ze mar drak zer
en soll ku rinnis scoll renju ai di

raki nas mar hen di
mas ku nies ei erth
en der fortes ta rin don di ran don da
raki nas han bue di
mar kus eria ra
en di bie da we seikjas te di rai rut en rut
too fue

we zje hedi uroy
so ron es thee rai
rin gon ras mar glot
en di mie sedija
so zje nei den due
we sai raf oh rai
rin gon rib so gat
en bi soll zje

mas el jaha ru
too ras so zje nei ja
we ru disei rin don en thee ni due re ni ru due

A
mas el jamein rei
too ras so zje nei ja
we ru disei rin don en re ni wus einie ru ru

B
mas el jamein
so ra nier
too... too ras so zje nei ja
we ru di ra
wo we ru di ra
en re nien se nien ru

too rin gard si
we ti en ri ja
fuh
en nes too ri ray!

mas el ra lira
we di rai oh en mjyu thend rin na
we zje sti ki ra ohn ri neishon
en zer wei su dirther ti nai
so rin din don
too ru wee heavin nai
en mo senn nebie nell
we zje sti di Air rei
en ti son wee da din ei di da din due


we se zje nede marha ri di hah
en ti ja nemolo mi so wanan folra
too ras dias oran din thee sona due
en da nies so ras
en di rama wee zje

mas el ra lira
we soll ku mjyu dorina don due
en raki na fana too zje
so ron nien diffe tir ne di
en re nien due, rin din don

raki nas wee di rin do Air de
raki nas wee di rin do Air de
en di wei sray too fina di ri due
so zje raue wee sei ra
too zer nede rin din ru

fuh...ha tuem ha

初音ミクSweetで「いろんなきもち」

思ったよりも時間できちゃったので新曲あげちゃう。



とってもいいのができました。
ピアノ使わなかった曲ってすごく久しぶりな気がする。
聴いてくれたあなたが少しでも笑顔になれますように。



いろんなきもち


楽しくて笑った 公園の帰り道
けんかして泣いちゃった 悲しくて悔しかった
次の日学校で仲直りしたとき
ほっとしてお互いに笑ってまた泣いた

いつだって僕らは いろんな想いをして
笑ったり泣いたり ららら 巡ってく
覚えているのでしょう 鮮やかな気持ちほど
いつまでも残って 忘れられないと

どんな色の気持ちでも
君の毎日を色付けてく
大事な想い出だから
優しく抱いて一緒に寝てあげる


大好きなあの子に ふられちゃったときには
他の色塗りつぶし 悲しい色の空
帰り道こらえきれず 寄った公園では
待ちかまえる友達 慰めてくれた

いつだって僕らは いろんな想いをして
自分の見る景色 何度も塗り変え
少しも飽きやしない 退屈は嫌だから
醜い色でもさ たまにはいいかもね

どんな色の気持ちでも
君の毎日を色付けてく
大事な想い出だから
優しく抱いて一緒に寝てあげる


どんな色の気持ちでも
君の毎日を色付けてく
優しい想い出だから
忘れないでいて 一緒にいるよ

ねえ

どんな色の気持ちでも
君の見る夢を色付けてく
大事な想い出だから
残さず抱いて一緒にいてあげる



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:いなりー
はやくPでinaryです。
楽曲制作とかしています。
連絡等はこちらへ earlyinary☆gmail.com(☆を@に変えてください。)

マイリスト

カテゴリ

未分類 (1)
ボカロ (31)
インスト (3)
雑記 (5)
企画とか (2)
使用機材 (1)
機材関連 (7)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。